昼休みに廊下を歩いていると、高校1年生の女の子2名が話しかけてきました。

生徒:「先生、スコップありませんか?」
私:「?? どんなのが必要なの?」
生徒:「鳥が死んでいて…」
私:「なるほど。ちょっと待ってて。」

ということで、3人で死んでしまった鳥の埋葬をしました。
埋葬した場所の写真です(全然どこだか分からないですね笑)。学校敷地内です。

死んでる鳥を見つけて、すぐに埋葬しようと行動した生徒たちの感覚が、何だか心に残る出来事でした。