lgf01a201311222100

 

今朝は私から、2学期に頑張った皆さんへのクリスマスプレゼントとして「シークレットサンタ」の話をしましょう。
 
アメリカにラリー・スチュワートという人がいました。
シークレットサンタと呼ばれた人です。
このラリーが23歳だった1971年11月、ラリー・スチュワートさんが、会社が倒産して、持ち金もなくなり、何日も飲まず食わずで街をさまよっていました。
さまよううちに、あまりの空腹に耐え切れなくなって、レストランに入って無銭飲食をしてしまいます。おなかが満たされ伝票を渡されたときに、支払うお金を持っていないことを怖くなります。
あろうはずもないのに、ポケットの中などを探すふりをして、結局財布を落としたようにごまかそうとしていました。
ラリーは無銭飲食で警察に突き出されても仕方がないなあと諦めかけたその時に「お客さん、これ、あなたの足元に落ちていましたよ」と、20ドルをその店の人がラリーに渡してくれました。うしろめたさはあったけれども、その20ドル紙幣でラリーは逃げるように会計を済ませます。
 

2回目の事件が6年後にやってきます。
ラリーはカンザス州に移り住み、会社を立ち上げ懸命に働いたそうです。結婚して家庭も持っていましたが、1977年12月、不況のために会社は倒産。
毎日の食事代にも困るほど、ラリー一家は追い詰められた。
ラリーは銃を懐に入れ、銀行に行き、強盗を働こうとした。だが、銀行の窓口で女の子が20ドルを預金しようとしていたそうです。20ドル紙幣を見た瞬間、ラリーはハッと我に返った。
1971年にレストランで渡された20ドル紙幣のことを思い出したからです。ラリーは自分を取り戻し、銀行強盗を思いとどまった。改心したラリーは、その後、妻の兄からの援助を受けて、セールスマンとして懸命に働いたと言います。
 
 
 
3回目の転機はその2年後にやってきます。
1979年12月、会社の経営が悪化して突然ラリーは解雇されます。またしても仕事を失います。
途方に暮れて街を彷徨っていた時、ラリーはポップコーンを買います。店員は元気のない暗い表情で、ラリーが注文したものとは違う品物を渡しました。
ラリーはその女性の表情から、生活が苦しいことを察して、20ドル紙幣を彼女にプレゼントしたそうです。
店員は見ず知らずの人から、お金は受け取れないと断りましたが、ラリーは、「メリー・クリスマス」と言って彼女に20ドル紙幣を手渡した。
その日は、ちょうどクリスマス。

 
その彼女の喜ぶ姿はラリーの立ち直るきっかけにもなり、ラリー自身も勇気をもらいました。そして彼は突然思いも寄らない行動をするのです。銀行へ行き、お金を全額引き出すと、白いオーバーオールと赤い服と赤い帽子を身にまとい街中へと繰り出した。
そしてお金に困ってそうな人たちや、ホームレスの人たちに「メリー・クリスマス」と言って、20ドル紙幣を渡していった。
チップの習慣があるアメリカでは少額のお金を受け取る習慣があったのです。
 

翌年の1980年、ラリーは友人と長距離電話の会社を設立し懸命に働いた。そしてその年のクリスマスにも道に立って人々に現金をプレゼントする活動を続けた。そしてその金額は少しずつ多くなっていった。
不思議なことにシークレットサンタとなって施しをすればするほど会社の業績が上がり、長年の切り詰めた生活から抜け出し家族のために家や新しい車を買えるまでになっていました。ラリーの妻も町中でシークレットサンタの噂を耳にするようになって自分の主人ではないかとうすうすと感じていました。
いつしかラリーがシークレットサンタであることが、とうとう妻にバレてしまいますが、妻も素敵なことじゃない、これからは、もっと節約して沢山の人を助けられるように協力するわ」とラリーのサンタの活動を家族は陰から支えたそうです。
 
 
多くの人たちから感謝されるにつれて、ラリーはある人物に会いたいと考えるようになりました。1999年12月、ラリーはその人物に会うためにミシシッピー州を訪れます。
その人物とは、28年前、ラリーがレストランで無銭飲食をした時、床に落ちていたといって20ドル紙幣をラリーに渡して救ってくれた人物、テッド・ホーンだった。その20ドルは、実際は床に落ちていたのではなく、ラリーを無銭飲食から助けようとして、その人は自分の20ドル紙幣を、わざと床に落とし、さもラリーが落としたお金であるかのように装ってくれたのでした。
 
 
「あなたが私にしてくれたことを、いつか私も人にしようと決めていたんです。あなたがいなければ、私は刑務所に入っていたでしょう。あの時のささやかなお礼です。これを受け取ってください」と言って、ラリーは、その恩人テッド・ホーンに1万ドル(約120万円)を渡しました。
テッド・ホーンは、その120万円を病気で困ってる子供たちや、生活の苦しい人たちのために使ったと言います。
その後、ラリーのシークレットサンタの活動は、全米へと広がっていきました。
 
2001年には、世界貿易センタービルの爆破テロ事件のニューヨークへ行き、ホームレスや職を失った人たちに、2万5000ドル(約300万円)を配ったそうです。
2005年には、ハリケーンで壊滅的な被害を被ったミシシッピ州を中心に、(約900万円)を配ったといいます。
 
27年間に及ぶ活動で配った総額は、150万ドル(約1億8000万円)。
 
2006年、ついにシークレットサンタは、カメラの前で自分の正体を明かした。その理由は自身の末期の食道ガン。彼は自分の死期を悟り、自分の正体を明かす決心をしたという。
2007年1月12日、ラリー(58歳)は静かに息を引き取りましたが、その志は今も生き続けているそうです。
 
人は変われます。今朝の私からのプレゼントは以上です。