aca8532f33958af7ca301f8e29124809_s

フランスのノーベル文学賞作家アナトール・フランスに、たいへん興味深い寓話があるので、これを紹介して修了式の講話としたいと思います。

ある子どものところへ妖精がやってきて、「これがあなたの命ですよ」と言って、一つの糸まりを手渡しました。糸まりは糸を巻いてボールのような形になっています。
ほどくのには、糸を早く引っ張れば、早く糸がほどけてしまい、時間は早く流れます。逆に、ゆっくり引っ張れば、時間はゆっくり流れます。
糸まりがなくなったらあなたの人生は終わります。

この糸まりをもらった子供は、糸まりを大切にします。
でも、子どもの時期は学習が辛かったり、大人に指示をされるのがいやで、早く大人になりたいと思って、糸まりの糸をどんどん引っ張りました。
成人すると早く素敵な恋人と巡り合いたいと思って、また、恋人と出会ったら早く結婚したいと思って、糸を引っ張っぱります。
人間は生きていれば病気もします。病気になれば、早く治りたいのは皆同じです。また、糸まりを強く引っ張り時間を早回しします。
そうしていると、あっと言う間に子どもは老人になってしまったのです。
老人になると孤独や病気が辛くてまた糸を引っ張ったのです。

こうするうちに、その子どもは、妖精に糸まりをもらってから、4ヵ月と6日で亡くなってしまったというのです。

これで寓話は終わりです。
命は「黄金の時間」です。
皆さんは早く大人になりたいと思っているかも知れませんが、若い時間を楽しみながら、今を大切に生きるのはとても大切なことです。