2/7(土)、2/8(日)に行われました九州高等学校生徒理科研究発表大会で

本校のSSH課題研究班・科学思考班①が物理部門で最優秀賞を受賞しました!

研究テーマは『ベンハムの独楽による「フェヒナー色」の研究 新しい「パターン誘導性フリッカー色」の発見』でした。

激しい競争を制しての素晴らしい受賞です。

 

他にも物理班①「シャボン玉の膜の構造」、生物班②「港のアリ -外来アリのモニタリング-」

物理班②「火山灰を用いた防音壁の研究」、数学班①「桜島の降灰の期待値」の4班が優良賞をいただきました!

今後も本校のSSH活動にご期待ください!