本校ではSSHの研究活動の一つとして、外来アリの研究を行っていますが、本校生のフィールドワークによる研究により、沖縄県の固有種とされる亜熱帯性のウスキイロハダカアリを徳之島で発見しました。 そのことが7月15日の南日本新聞に紹介されました。 本校のアリ研究のグループは、8月に中国・北京で行われます青少年科学技術コンテストに日本代表として発表いたします。

関連記事