【活躍する卒業生】小村くん、夢の神宮へ

卒業生が躍動しています!

5月に行われた中国六大学野球の春のリーグ戦において,本校卒業生・小村泰生くん(24期生・徳山大学2年),中田海くん(25期生・同1年)が神宮大会出場を決めました。
小村くんは本校野球部初の県大会ベスト8進出を果たした時の主将です。
小村くんは徳山大学でも2年生ながらショートのレギュラーとして活躍しており,優勝のかかった決定戦では殊勲の2塁打を打っています。
3年生の日高魁聖くんも選手兼マネージャーとして貢献しています。
神宮球場での活躍も期待されます。

また九州地区大学野球連盟北部ブロックでは,小村くんの同級生・有馬大智くん(24期生・福岡歯科大学・2年)が1年時よりレギュラーとして歯科医を目指しながら活躍しています。
有馬くんは高校時代はクリーンナップとして市新人戦3位,県大会ベスト8進出に大きく貢献,現役で福岡歯科大学にも合格しました。

九州六大学野球では,高校時代エースとして二度の県ベスト8や創部初の2年連続県選抜大会出場(ベスト8進出)、創部初の招待野球出場,創部初の夏のシード権獲得を含む3度のシード権獲得等に活躍した谷口貴一くん(25期生・西南学院大学1年)が入学直後ながらフレッシュリーグで先発し7回無失点で公式戦初勝利、さらに九州六大学リーグでもベンチ入りし2試合に登板。池田高校出身者としては九六リーグ初登板を果たし、初セーブをあげました。
チームは激しい優勝争いの末,惜しくも優勝は逃したものの,2季ぶりのリーグ戦Aクラス入りに貢献しています。